読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミニマリストの持ち物】

賃貸暮らし、必要な物のみに囲まれて。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らしの記事 ←クリック

実験を通して気付いたこと。

長期旅行の旅行荷物(10泊以上)

春、10泊以上の国内旅行をする機会がありました。滞在はビジネスホテル。 観光やレジャーが主で、今回はフォーマルな場面はない旅行、というのを先にご説明しておきます。 ・ホテルの滞在時間が快適であること。 ・観光、レジャーが快適であること ・ホテル…

高価なモノは「無料で試して」買う時代

先日、「慶事のフォーマルバッグは所有しない。」という記事で反響をいただきました。 さて本日は、高価なモノこそなるべく無料で試して吟味した上で、適切なものを買うことを心がけている…という内容の記事です。 買い物の失敗はモノが増えるもとです。 使…

「使ってみたい。」という気持ちとの付き合い方

TVや雑誌で紹介されたものを「手に入れてみたい。」「使ってみたい。」と思うことは少なからずあります。 それが長年の愛用品との出会いになったりしますので、悪いことばかりではありません。 しかし明確なルールがなかった以前の私は、「使ってみたい。」…

家の中にあるのは役に立つものだけ

家の中にあるものは、自分の役に立つものでなければ…と思っています。 「自分の役に立つ」 そう考えると買い物も、手放す作業もシンプルです。 バッグや靴などはわかりやすい例で、せっかくデザインなどを気に入って買ったとしても、役立ててあげられないの…

フォーマルバッグの瞬間的所有について

慶事用のフォーマルバッグは全て手放すことにしました。 弔事は突然なので所有せざるをえませんが、慶事用は前もって必ずお知らせがあるものです。(結婚式のご招待や同窓会、入学式など。) 例えば、先日結婚式のご招待を受けた際、程度の良いアンテプリマ…

【大事】人生には無駄だって必要なのです。

私が、忘れてはいけないと思っている大切なこと。 「人生には無駄だって必要なのです。」 モノはできるだけ無駄なものは省きたい。 その方が気持ちがいいし、管理が楽だから。 これは間違いありません。 しかし、モノの無駄をはぶくことが習慣になってくると…

苦手だったリネン素材が好きになった理由

当ブログをご覧いただきありがとうございます。 時折、ブログをご覧いただいている方からメッセージをいただくことがあります。 ブログ更新の励みになりますのでありがたく拝見しております。 今回は「ワンマイルウェアとパジャマを兼用して洋服を減らす」の…

ワンマイルウェアとパジャマを兼用して洋服を減らす

この記事は、「「洋服の断捨離」と「今後のスタイル」を考える」の続きです。 【1】心や体調の余裕のない時、だらしないと思いながらもパジャマを部屋着として過ごしてしまいがち 【2】中期入院の準備時、見舞客に恥ずかしくなく会える服をパジャマとして着…

「洋服の断捨離」と「今後のスタイル」を考える

先日、「クローゼット構想1」「クローゼット構想2」「クローゼット構想3」と、自分のクローゼットを振り返ってみて、自分の美しいと思うクローゼットを思い描いてみた結果、今後のクローゼットについてのプランがだんだん見えてきました。 今まで取り入れ…

ミニマリストの日記アイディア

日記を続けるコツは、誰かに見られても良い体裁で書くこと…だそうです。 まぁ、色々な考えがあるとは思いますが、私はこのコツで日記を続けられるようになりました。 私の使っているのは「丸川商店日事記10年日記帳」です。 丸川商店日事記10年日記帳価格:6…

検索履歴を日記帳に書く

10年日記をつけています。 私の使っているのは「丸川商店日事記10年日記帳」です。 丸川商店日事記10年日記帳価格:6480円(税込、送料別) (2017/4/7時点) 何かを無性に綴りたい時もありますが、逆に筆不精になってしまう時もあります。日記を書くモチベーシ…

リングウォッチのオーバーホールのこと

アンティークの手巻き時計「セイコー リングウォッチ」を愛用しています。 手巻き時計に大切なメンテナンス、オーバーホールの経験を書き留めておきます。 ある日、リングウォッチの針が止まっていることに気づきました。「このまま二度と動かないのではない…

クローゼット構想3

「クローゼット構想2」の続きです。 クローゼットのルールを見直して、無駄を省き、良い循環を作るべく記事にしてみています。 「ルール【3】アクセサリー、ファッション小物は最低限」 ルール【3】については、かなり自分の中でも整理されてきた部分です。…

クローゼット構想2

「クローゼット構想1」の続きの記事です。 今後のクローゼットのルールをさらに明確にしていけば、少ない量の良質な衣類を持ち、無駄な買い物を防げると思っています。どんな気候時にも着るものに迷わないように、私なりに考えて行きたいと思います。 まず…

クローゼット構想1

すっきりした美しいクローゼットとはどんなクローゼットでしょうか。 考える手はずとして、「シンプル クローゼット」や「ミニマリスト クローゼット」というワードで画像検索をしてみました。 たくさん出てくるクローゼットの画像の中でも、好きだと感じる…

女性の私でも、持ってみて初めてわかった【機械式時計の魅力】指輪時計リングウォッチ

女性の私でも、持ってみて初めてわかった機械式時計の魅力。 逆に、持ってみないと魅力が一生わからないままだったかもしれません。 私なりに感じた魅力をご紹介しようと思います。 やや強引ですが、クオーツ式と機械式を簡単に身近なモノに例えると、 クオ…

棚の上に書類を置きたくなり、椅子に上着をひっかけたくなる私達

面白い本を読みました。 人は、棚の上、カウンターキッチンの上、机の上…「上」があると物が置きたくなる生き物だ。 人は椅子があると上着をひっかけたくなり… 壁があると荷物を寄せたくなり… 書類は積みたくなり… 北(もしくは二階)に倉庫部屋を作りたくな…

バザーやフリーマーケットに行くのをやめたこと

物が少ない方が心地よいと感じるようになって、以前好きだったバザー、フリーマーケット(フリマ)に行くことがなくなりました。 バザーやフリマでは、本来高値の商品が安く売られていたり、思わぬモノとの出会いがあったり面白みを感じます。お得な買い物が…

SEIKOリングウォッチ<指輪時計が止まった理由はコレでした。>

大切なリングウォッチが突然止まり、動かなくなってしまいました。 分解調整(オーバーホール)を時計ショップタイムガーデンに頼みました。 リングウォッチの修理パーツを多くお持ちで価格も良心的。(12,000円+税でした。) アンティーク時計の修理を信頼…

私に美脚パンツは必要なかった…

ファッション誌ではよく「美脚パンツコーデ」などの特集が組まれることがあります。 以前は影響を受け、ラインが綺麗に見えるパンツを探して揃えたりしていました。(ブランドを言ってしまうとtheory等) しかしある時、美脚パンツとして揃えたパンツを全く…

SEIKOリングウォッチ指輪時計<オーバーホール・修理の覚書>

先日の記事でもご紹介したリングウォッチ。 iruisenmon.hatenablog.com とても気に入っているのですが、ある日突然動かなくなってしまいました。 ぜんまいを回してもピクリとも動きません。 そろそろのオーバーホールの時期がやってきたようです。 このリン…

モノの新陳代謝について

「お気に入りの物に囲まれて生活するのは心地よい。」 本やブログでさんざん言い尽くされた文言であります。ではなぜ実行が難しいのか。 今回は、その理由の一つに注目してみます。 【モノの新陳代謝について】 心惹かれ購入し、使って気に入るモノは誰しも…

実家の「自分のモノ」を片付ける

少なく暮らそうと心がけ、管理できる量の持ち物で毎日を送れるようになりましたが… しかし、しかし。 実家に全く忘れていた荷物がダンボール4箱分あり、それが親のクローゼットを圧迫していることがわかりました。深く反省し、すぐに片付けることにしました…

かさばるアルバムを処分した時のこと

かさばるアルバムが収納を潰していた頃がありました。左側に積んであるのが元のアルバム。重量もかなりのものです。 省スペースでたくさんの写真の整理ができるアルバムがあると勧められ、購入したのが右側のアルバム2冊です。 SEKISEI アルバム ポケット 高…

【秋冬の外出ファッション】 基本のセット

気温も下がってきて、秋から冬へ移行してきました。 最近の傾向として、どんな服装でも必ず外出する時には身に着けているものがあることに気付きました。 【秋冬の外出ファッション】 基本のセット、として紹介させていただきます。 ・ジョンストンズのウー…

幸せについて考える

心の底から幸せだと感じるのはどんな時ですか。 断捨離をしてみると、自分が憧れていた幸せは、心の底から感じる幸せとは違うのではないかと薄っすらと気づいてくる瞬間があります。 心の底から幸せと感じるのは、美味しいものを食べたとき。家族との団欒。…

今年は年賀状を減らそうかと。

秋を通り越して冬が突然やってきたような毎日です。年賀状の広告も目にする機会が増えてきました。 年賀状…今年は大幅に枚数を減らしてみようかと思います。 一言添えるのも疲れてしまうような相手には、もう送るのを辞めてしまおうと思います。 ブログラン…

自分で捨てられないものは買わないと決めたこと

すでに手放しておりますが、我が家にも「高さ190cmの本棚」や「使っていないテーブル」が鎮座していたことがありました。 見るだけでため息が出るけれど、自分ではとてもごみ捨て場まで運べません。 大きな家具を安易に手に入れてはいけないなぁ、と激しく後…

最近、捨てて心が軽くなったモノ(断捨離)

最近、物の断捨離だけではなく「心の断捨離」を進めています。 「嫌われる勇気」という本をご存知ですか。 心理学者アドラーの考えを伝えるこの本は大変話題にもなりました。 その「嫌われる勇気」の中に、心の断捨離へつながる一節がありました。 【トラウ…

「今すぐ25個片付けなさい」…25個ルールをご存知ですか。

「今すぐ25個片付けなさい。」 ゴミをゴミ箱に入れるのも1個。 本を本棚に戻すのも1個。 とにかく「今すぐ25個!」という片付けのルールをご存知ですか。 これが効果絶大で、【25個ルール】としてネットでも話題になっています。 日常生活を送っていると部屋…

結局、靴や鞄を黒に統一した理由

靴や鞄を黒に統一すると決めた理由は2つあります。 まず、黒は冠婚葬祭…特に「葬」の時にも対応できる色であるというのがあります。 お葬式やお通夜はもちろんですが、例えば私の場合、遠方の法事に伺う際に親戚家に荷物を置かせてもらうことが少なからずあ…

やましたひでこさんの「自在力」を読んで -心の断捨離について-

心に直結した"物"をどう扱うか。 片づけの最後の砦とも言えるようなこの問題に解決のヒントを教えてくれる名著を読みました。 心に直結した物とは、 ・どうしても手放せない趣味の物、思い出の品 ・捨てづらいプレゼント ・捨てた後に悲しくなってしまう物 …

便利な献立の立て方「五法の表」

最近出会った「五法の表」を使い、献立が楽に立てられるようになりました。 表の横軸に「牛、豚、鶏、魚」と書き、表の縦軸に「生、煮る、焼く/炒める、揚げる、蒸す」と書き、あとは表を埋めていくだけです。 まずはよく作る料理を黒の文字で書いています。…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その6「蒸籠の下部分が黒くなる」

蒸籠の下の部分が黒くなる悩み。 もう取り返しがつきませんが、我が家の蒸籠は黒くなってしまいました。 ・必ず蒸し板を使う ・使用後は必ず水気を拭く ということで綺麗に使うことができるようです。 私が蒸籠を黒くしてしまった原因は、蒸し板を使わずに空…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その5「野菜を蒸しすぎる」

蒸籠で蒸した野菜は栄養価も高く、根菜類はほっこりとホクホクにしあがります。 葉物は味が濃い分えぐみも感じられるので好みはそれぞれかと思います。 葉物やブロッコリーを蒸す時に、蒸し過ぎて色が変わってしまったり、ヘナヘナになってしまうことがあり…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その4「皿ごと蒸す際に、皿に水がたまる(味が薄まる)」

電子レンジ故障から、レンジ無し生活をしています。 蒸籠を使う際の悩みやその解決方法をご紹介しています。 蒸籠のメリットの一つに「皿ごと蒸せる」ということがあります。 皿も温まりますので料理が冷えにくいのも魅力です。 ただ、皿ごと蒸すと皿の中に…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その3「ご飯の温めで水分が多くお粥っぽくなる」

蒸籠で冷凍ご飯を温めると時間がかかるので、冷蔵ごはん、もしくは冷蔵庫で自然解凍した冷凍ごはんを蒸籠で温めます。 蒸し布を使う時もありますが、洗うのが大変ですので最近ではクッキングペーパーで代用しています。 最初はお米が水っぽくなりすぎること…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その2「具材が生煮え」

電子レンジの故障から電子レンジ無し生活になり、蒸籠を活用する毎日となりました。 使い慣れないうちは具材が生煮えになることもしばしば。 竹串を刺して火の通りを確認することはもちろんですが、それにしても火の通りが遅い気がしていました。 今思うと火…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その1「お湯がなくなり、空焚きになる」

電子レンジの故障から電子レンジ無し生活になり、蒸籠を活用する毎日となりました。 使い慣れないうちは様々な失敗をしました。 ・お湯がなくなり、空焚きになる →解決方法 ・具材が生煮え →解決方法 ・ご飯の温めで水分が多くお粥っぽくなる →解決方法 ・皿…

電子レンジのない生活 蒸籠を使う3つのメリット

我が家には電子レンジがありません。 ミニマリストの方の書籍やブログを見ていると電子レンジを持たない生活がよく紹介されていますが、自分が電子レンジを持たなくなるとは思ってもみませんでした。外食はあまりせず、料理をやる方だからレンジは無いとやっ…

【どうしても言いたい2つの事】 「手放すと悲しくなる物」を捨てる前に…

先日、「片づけ本をよく読むけれど片づけられない。」とおっしゃる方をお話しする機会がありました。 「長年生きてると物がたまるのはしょうがない。」 「どこの家庭もちらかっているはず。」 「わくわくしながら買った趣味の物を片づけのために捨てたら、す…

雑談が怖くなくなった方法

家族や気の合う友人との雑談ほど楽しいものはありません。 しかし、初対面の方やあまり親しくない方との雑談が苦手でした。 「何か話さなきゃ」 「相手を話しに引き込まなければ」 と思うほど空回りしてしまいます。 その気持ちは捨てて良い感情として捨てる…

嫌な思い出があるものは捨てて良かった

とても可愛い某有名ブランドの洋服を持っていましたが、それを着ると毎回思い出す嫌な事があったので、思い切って処分しました。 それから一気に、悪い思い出とリンクするものは値段やデザイン関係なく処分しました。 物には思い出が宿る。 これは仕方がない…

抱えているものが多ければ、1つずつ減らしていこう

やることリスト(TODOリスト)を書き出していると、かえってやることの多さに頭が混乱することがあります。 そんな時は簡単に達成できるものから、1つずつ終わらせていき、やることリストの重さをだんだん軽くします。 混乱した時は簡単なことを1つずつ。 一歩…

我が家は"電子レンジ無し生活"です。ご飯の温めは蒸籠で。

我が家には電子レンジがありません。 とは言っても電磁波を気にしてのことではありません。 単純に壊れたから処分し、その後買っていないだけです。 多種多様な機能を盛り込んだ電子レンジ(オーブンレンジ)が売られていますが、見比べてもどうもイマイチ選び…

物を捨てるのは悲しい…と思った時のこと

「ミニマリスト」という言葉が世の中に浸透してきて、私自身最低限の持ち物で暮らすミニマリストですが、やはり思い出の物を処分するときに捨てることが悲しくて仕方なくなることがあります。 「ミニマリスト」だなんて…よく非情に物をどんどん捨てられるも…

「捨て変態」になってみよう。

「捨て変態」…とは、わたしのウチには、なんにもない。で紹介されている言葉ですが、ふと「捨て変態になってみよう。」と決意することも大事かと思いました。 オークションやフリマアプリをやった経験があると、捨てる前に(だいたいいくら位で売れそうかな…

【カスタマーサービスで確認済】電子書籍の料金(値段)とクレジット請求額が違う理由(kindle)

買った電子書籍(本)の値段と、クレジット会社からの請求額が違う(クレジット会社からの請求の方が安い)という不思議なことが起きたので、カスタマーサービスに確認しました。 (免責:2016/06/20時点での内容です。) // // 「Amazonの購入履歴で確認で…

【カスタマーサービスで確認済】 キンドルで誤って本を購入した場合のキャンセルの仕方(kindle)

かねがね興味のあったKindle Paperwhiteを購入しました。 (購入経緯は別途書きます。) さて、本を「1Clickで購入」というボタンで購入できるのですが、誤って押した場合の対応、また対策を確認しましたのでご紹介します。 =Kindleで誤って本を購入した場合…

メイソンジャー

気に入っていた白い花瓶を不注意で割ってしまい、代わりに花瓶として使うべくメイソンジャーを1つだけ手に入れました。 どんな花も気取らず飾れます。 // // 真ん中を取り外せるフタの部分が、普通の空き瓶とは違う趣きを出していて気に入っています。 花を…