読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミニマリストの持ち物】

賃貸暮らし、必要な物のみに囲まれて。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らしの記事 ←クリック

バザーやフリーマーケットに行くのをやめたこと

f:id:utakoutako:20170226190336j:image
物が少ない方が心地よいと感じるようになって、以前好きだったバザー、フリーマーケット(フリマ)に行くことがなくなりました。

 

バザーやフリマでは、本来高値の商品が安く売られていたり、思わぬモノとの出会いがあったり面白みを感じます。お得な買い物ができた時の嬉しさもわかります。

 

しかし、自然と足が遠のいたのは【結局欲しいものが売っていないから。】です。

モノを少なく持つようになり、タオル1枚、はさみ1つをとっても、○○というメーカーの□□という品番のモノ、色は△△が欲しい、という具合に欲しいモノがはっきりしてきました。それ以外は、はっきり言って【要らないモノ】なのです。バザーやフリマで欲しかったモノに出会うことはほとんどありません。以前「モノの新陳代謝」という記事にも書きましたが、一軍しか残さない生活を送っていると、購入する際も一軍に入れられるかどうかをしっかり吟味するようになっています。

実際にモノを手に取ってみたり、機能を比較したり、レビューを参考にしたり…生意気な書き方になってしまいますが、安い物より、高くても長く使えると判断した"欲しいもの"を指名買い(メーカー、品番など)する買い物の仕方に変わってきたようです。(…それでも失敗することはありますが。)

 

バザーやフリマでの買い物の数々の失敗から、中途半端な衝動買いで手に入れたものはだんだん使わなくなり、忘れ去ってしまうことの方が多いと学びました。物が溢れるように増えるのもバザーやフリマの失敗です。

自分の生活に必要で、自分が心から欲しいものを新品定価で手に入れるのは決して贅沢ではなく、逆に節約になるということも日々の暮らしの中で学びました。

 

インターネットのオークションやフリマサイトでは欲しい物が探せるので、状態が良い物が見つかれば利用することもあります。

バザーやフリマに比べると比べ物にならない大量の数から探せるのも魅力です。

 

ただ、最近それも減っています。

中古商品に抵抗はないのですが、最近は長く使えるか、とか、モノ寿命という観点から、なるべく新品を買い求めることが多くなりました。メンテナンスや保管状態など、初めから自分の責任で持ち続けられるという意味で安心だからです。

インターネットのオークションやフリマサイトは、面白くて無駄なモノまで買ってしまう恐れもあるので買い物の仕方は気をつけています。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村