読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミニマリストの持ち物】

賃貸暮らし、必要な物のみに囲まれて。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らしの記事 ←クリック

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その1「お湯がなくなり、空焚きになる」

実験を通して気付いたこと。

f:id:utakoutako:20160805155022j:image

電子レンジの故障から電子レンジ無し生活になり、蒸籠を活用する毎日となりました。

 

使い慣れないうちは様々な失敗をしました。

 

・お湯がなくなり、空焚きになる →解決方法

・具材が生煮え →解決方法

・ご飯の温めで水分が多くお粥っぽくなる →解決方法

・皿ごと蒸す際に、皿に水がたまる(味が薄まる) →解決方法

・野菜を蒸しすぎる →解決方法

・蒸籠の下部分が黒くなる →解決方法

 

それらをなんとなく解決した方法をご紹介します。

 

まずは蒸籠の調理のしくみから。

鍋でお湯を沸かし、その上に蒸籠を乗せて蒸気で調理します。

鍋のお湯が蒸発してなくなりますと空焚きになって危険です。実は何度も空焚きやらかしています。

 

空焚き防止として、私は象印電気ケトルで800mlを沸かして鍋にいれています。

鍋で沸かすより、電気ケトルの方がお湯が早く沸きます。800ml入れておくと我が家の場合10-20分はもつようです。(火力によって違いますので必ず確認してください。)

 

象印電気ケトルは、有名なT社の物に比べお湯が沸くのが早いです。

素晴らしい商品なのでついでではありますがおすすめします。

タイガー 蒸気レス 

電気ケトル「わく子」

 

 我が家の蒸籠は照宝のものです。

照宝 中華せいろ 桧製 蒸し板セット φ27cm(ツェンカ付)

 

(つづく)

 

iruisenmon.hatenablog.com