読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ミニマリストの持ち物】

賃貸暮らし、必要な物のみに囲まれて。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らしの記事 ←クリック

【秋冬の外出ファッション】 基本のセット

気温も下がってきて、秋から冬へ移行してきました。 最近の傾向として、どんな服装でも必ず外出する時には身に着けているものがあることに気付きました。 【秋冬の外出ファッション】 基本のセット、として紹介させていただきます。 ・ジョンストンズのウー…

手袋

昨年、スマホの操作ができる手袋を選びましたが、ワンシーズンで毛玉が多くできてしまいました。 今年はスマホの操作の可否に関わらず、暖かさと丈夫さを優先して手袋を選びました。 暖かさ、使い心地については実際に試着してみて初めてわかることもありま…

基本のバッグ

日常持ち歩く"基本のバッグ"として使っているのがこちら。 軽さ、ショルダーになること、A4が入ること、作りの確かさで気に入って使っているものです。 店舗に持ち込めばショルダーのベルト穴は無料で開けてもらえるとのことで、近々穴を2つほど増やす予定で…

口紅

口紅は、唇の荒れ、唇への違和感、カップに付くこと、べたつき…を理由に苦手としていました。 口元に華やかさも欲しく、いくつかのメーカーのものを試したのですが、継続して使えるものは一つもありません。 そこで出会ったのがこのリップカラーです。 価格…

しおり

10年日記に使うしおりをずっと探していました。365日もあるので、今日の日付を開くのが大変だからです。 奈良の古い町並み「ならまち」で、良いしおりを見つけました。 内側にマグネットがついており、紙を挟むクリップのような構造です。 日記に使うとさり…

幸せについて考える

心の底から幸せだと感じるのはどんな時ですか。 断捨離をしてみると、自分が憧れていた幸せは、心の底から感じる幸せとは違うのではないかと薄っすらと気づいてくる瞬間があります。 心の底から幸せと感じるのは、美味しいものを食べたとき。家族との団欒。…

今年は年賀状を減らそうかと。

秋を通り越して冬が突然やってきたような毎日です。年賀状の広告も目にする機会が増えてきました。 年賀状…今年は大幅に枚数を減らしてみようかと思います。 一言添えるのも疲れてしまうような相手には、もう送るのを辞めてしまおうと思います。 ブログラン…

グラス

基本的に、破損してもまた同じものが買い足せるものが好きです。 なぜかと考えると、 ・数を揃えたくなった時に買い足せる ・長所短所を知って使い続けられる ・新しく選ぶ手間がないので楽 ・物によってはスタッキング(積むことが)できる ・収納を考える…

自分で捨てられないものは買わないと決めたこと

すでに手放しておりますが、我が家にも「高さ190cmの本棚」や「使っていないテーブル」が鎮座していたことがありました。 見るだけでため息が出るけれど、自分ではとてもごみ捨て場まで運べません。 大きな家具を安易に手に入れてはいけないなぁ、と激しく後…

最近、捨てて心が軽くなったモノ(断捨離)

最近、物の断捨離だけではなく「心の断捨離」を進めています。 「嫌われる勇気」という本をご存知ですか。 心理学者アドラーの考えを伝えるこの本は大変話題にもなりました。 その「嫌われる勇気」の中に、心の断捨離へつながる一節がありました。 【トラウ…

「今すぐ25個片付けなさい」…25個ルールをご存知ですか。

「今すぐ25個片付けなさい。」 ゴミをゴミ箱に入れるのも1個。 本を本棚に戻すのも1個。 とにかく「今すぐ25個!」という片付けのルールをご存知ですか。 これが効果絶大で、【25個ルール】としてネットでも話題になっています。 日常生活を送っていると部屋…

爪切り

この爪切りは、父に紹介されたものです。 一般的な爪切りとは違う工具のような見た目。使うのが難しそう、痛そう、と食わず嫌い(使わず嫌い?!)していた爪切りでした。 しかし、どうしても伸びた爪が気になり、初めてこの爪切りを使った時とても驚きまし…

結局、靴や鞄を黒に統一した理由

靴や鞄を黒に統一すると決めた理由は2つあります。 まず、黒は冠婚葬祭…特に「葬」の時にも対応できる色であるというのがあります。 お葬式やお通夜はもちろんですが、例えば私の場合、遠方の法事に伺う際に親戚家に荷物を置かせてもらうことが少なからずあ…

やましたひでこさんの「自在力」を読んで -心の断捨離について-

心に直結した"物"をどう扱うか。 片づけの最後の砦とも言えるようなこの問題に解決のヒントを教えてくれる名著を読みました。 心に直結した物とは、 ・どうしても手放せない趣味の物、思い出の品 ・捨てづらいプレゼント ・捨てた後に悲しくなってしまう物 …

便利な献立の立て方「五法の表」

最近出会った「五法の表」を使い、献立が楽に立てられるようになりました。 表の横軸に「牛、豚、鶏、魚」と書き、表の縦軸に「生、煮る、焼く/炒める、揚げる、蒸す」と書き、あとは表を埋めていくだけです。 まずはよく作る料理を黒の文字で書いています。…

ポータブル充電器

いくつかポータブル充電器を使った中で、安定した使い心地のものがありました。 今も使い続けています。 用途はスマートフォンの充電、デジタルカメラの充電、Kindleの充電…と旅行に欠かせないものになっています。 本体はつやつやとした白いプラスチック製…

Kindle paperwhite 2016

私の持ち物の中に最近増えた「Kindle paperwhite」のことを、今回はご紹介しようと思います。 子供の頃に好きだった読書。 大人になって活字から離れてしまいましたが「読書の時間を取れるようになりたい。」と常々思っていました。 それを叶えたのがKindle …

「すず」の折り紙

金属のすずの折り紙です。折り紙と言っても薄っぺらくなく、少し厚みのある金属の板です。 これがなかなかの優れもの、針金のように自由自在に形を変えることができます。形を作ると形状が固定されますので様々な用途に使えます。 時には小物入れのように使…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その6「蒸籠の下部分が黒くなる」

蒸籠の下の部分が黒くなる悩み。 もう取り返しがつきませんが、我が家の蒸籠は黒くなってしまいました。 ・必ず蒸し板を使う ・使用後は必ず水気を拭く ということで綺麗に使うことができるようです。 私が蒸籠を黒くしてしまった原因は、蒸し板を使わずに空…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その5「野菜を蒸しすぎる」

蒸籠で蒸した野菜は栄養価も高く、根菜類はほっこりとホクホクにしあがります。 葉物は味が濃い分えぐみも感じられるので好みはそれぞれかと思います。 葉物やブロッコリーを蒸す時に、蒸し過ぎて色が変わってしまったり、ヘナヘナになってしまうことがあり…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その4「皿ごと蒸す際に、皿に水がたまる(味が薄まる)」

電子レンジ故障から、レンジ無し生活をしています。 蒸籠を使う際の悩みやその解決方法をご紹介しています。 蒸籠のメリットの一つに「皿ごと蒸せる」ということがあります。 皿も温まりますので料理が冷えにくいのも魅力です。 ただ、皿ごと蒸すと皿の中に…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その3「ご飯の温めで水分が多くお粥っぽくなる」

蒸籠で冷凍ご飯を温めると時間がかかるので、冷蔵ごはん、もしくは冷蔵庫で自然解凍した冷凍ごはんを蒸籠で温めます。 蒸し布を使う時もありますが、洗うのが大変ですので最近ではクッキングペーパーで代用しています。 最初はお米が水っぽくなりすぎること…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その2「具材が生煮え」

電子レンジの故障から電子レンジ無し生活になり、蒸籠を活用する毎日となりました。 使い慣れないうちは具材が生煮えになることもしばしば。 竹串を刺して火の通りを確認することはもちろんですが、それにしても火の通りが遅い気がしていました。 今思うと火…

蒸籠(せいろ)で暮らす失敗談と解決法-その1「お湯がなくなり、空焚きになる」

電子レンジの故障から電子レンジ無し生活になり、蒸籠を活用する毎日となりました。 使い慣れないうちは様々な失敗をしました。 ・お湯がなくなり、空焚きになる →解決方法 ・具材が生煮え →解決方法 ・ご飯の温めで水分が多くお粥っぽくなる →解決方法 ・皿…

電子レンジのない生活 蒸籠を使う3つのメリット

我が家には電子レンジがありません。 ミニマリストの方の書籍やブログを見ていると電子レンジを持たない生活がよく紹介されていますが、自分が電子レンジを持たなくなるとは思ってもみませんでした。外食はあまりせず、料理をやる方だからレンジは無いとやっ…

【どうしても言いたい2つの事】 「手放すと悲しくなる物」を捨てる前に…

先日、「片づけ本をよく読むけれど片づけられない。」とおっしゃる方をお話しする機会がありました。 「長年生きてると物がたまるのはしょうがない。」 「どこの家庭もちらかっているはず。」 「わくわくしながら買った趣味の物を片づけのために捨てたら、す…

雑談が怖くなくなった方法

家族や気の合う友人との雑談ほど楽しいものはありません。 しかし、初対面の方やあまり親しくない方との雑談が苦手でした。 「何か話さなきゃ」 「相手を話しに引き込まなければ」 と思うほど空回りしてしまいます。 その気持ちは捨てて良い感情として捨てる…

どんな場面にも…オールマイティな靴(ダンスコのオリーブ)

履き心地と脱ぎ履きのしやすさから、日常の8割はダンスコのイングリッド(サボタイプ)を履いています。 しかし、 ・結婚式や法事などの冠婚葬祭 ・フェミニンなスカートスタイル の時に、ぼてっと丸いサボのタイプの靴は使えません。 どのような場面でもオー…

嫌な思い出があるものは捨てて良かった

とても可愛い某有名ブランドの洋服を持っていましたが、それを着ると毎回思い出す嫌な事があったので、思い切って処分しました。 それから一気に、悪い思い出とリンクするものは値段やデザイン関係なく処分しました。 物には思い出が宿る。 これは仕方がない…

抱えているものが多ければ、1つずつ減らしていこう

やることリスト(TODOリスト)を書き出していると、かえってやることの多さに頭が混乱することがあります。 そんな時は簡単に達成できるものから、1つずつ終わらせていき、やることリストの重さをだんだん軽くします。 混乱した時は簡単なことを1つずつ。 一歩…

体温計

体温計は信頼性の高いものを使いたいものです。 私は医療機関でよく見かけるものを購入しました。 シンプルで使いやすいので気に入っています。 長年愛されている機器というのは、なんとなく見ていて心が温かくなります。 いつかどこかで見た懐かしさからで…

我が家は"電子レンジ無し生活"です。ご飯の温めは蒸籠で。

我が家には電子レンジがありません。 とは言っても電磁波を気にしてのことではありません。 単純に壊れたから処分し、その後買っていないだけです。 多種多様な機能を盛り込んだ電子レンジ(オーブンレンジ)が売られていますが、見比べてもどうもイマイチ選び…

持ち運べるLED照明

とある水族館で使われている持ち運べる充電式の持ち運べるLED照明です。 水族館の一番大きな水槽の前でこの明かりを見て気に入り、我が家でも愛用することになった一品です。 夜、寝る時の明かりとして、また懐中電灯の変わりとして。 雰囲気の良い明かりで…

物を捨てるのは悲しい…と思った時のこと

「ミニマリスト」という言葉が世の中に浸透してきて、私自身最低限の持ち物で暮らすミニマリストですが、やはり思い出の物を処分するときに捨てることが悲しくて仕方なくなることがあります。 「ミニマリスト」だなんて…よく非情に物をどんどん捨てられるも…

「捨て変態」になってみよう。

「捨て変態」…とは、わたしのウチには、なんにもない。で紹介されている言葉ですが、ふと「捨て変態になってみよう。」と決意することも大事かと思いました。 オークションやフリマアプリをやった経験があると、捨てる前に(だいたいいくら位で売れそうかな…

【カスタマーサービスで確認済】電子書籍の料金(値段)とクレジット請求額が違う理由(kindle)

買った電子書籍(本)の値段と、クレジット会社からの請求額が違う(クレジット会社からの請求の方が安い)という不思議なことが起きたので、カスタマーサービスに確認しました。 (免責:2016/06/20時点での内容です。) // // 「Amazonの購入履歴で確認で…

【カスタマーサービスで確認済】 キンドルで誤って本を購入した場合のキャンセルの仕方(kindle)

かねがね興味のあったKindle Paperwhiteを購入しました。 (購入経緯は別途書きます。) さて、本を「1Clickで購入」というボタンで購入できるのですが、誤って押した場合の対応、また対策を確認しましたのでご紹介します。 =Kindleで誤って本を購入した場合…

マチュアーハのストローハット(11cm)

18000円を越える麦わら帽子。 価格だけみると少し驚いてしまいますが、かぶってみると夏中良い気分でいられると確信した麦わら帽子です。 マチュアーハ、その魅力はなんでしょうか。 // // まず、上の写真のようにペタンコな状態で収納されており、被ってシ…

カップ

キッチン用品の記事が続いています。 今回は、マキネッタで入れたコーヒーをカフェラテにして飲む際に使っているカップをご紹介します。 // // 会津の本郷焼、樹ノ音工房のカップです。 自然な風合い、丈夫な質感で心が落ち着きます。 スープを入れたり、お…

ミルクパン

小さな琺瑯のミルクパン。色は真っ黒な外側と真っ白な内側、薄いベージュの木製取っ手がついています。 水の量は750ml入ります。 二人分の味噌汁はOK、三人分はギリギリ作れるかな…という小さなものです。 小ささ故に使用頻度が低いかと思いきやそんなことあ…

マキネッタ

マキネッタとはコーヒーをいれるための小さなヤカン(急須?)みたいなものです。 写真では真ん中に写っている銀色のものになります。見た目もおしゃれなので、オブジェのように飾ることで収納を兼ね、また使うときに取り出しやすくしています。 自宅でカフェ…

メイソンジャー

気に入っていた白い花瓶を不注意で割ってしまい、代わりに花瓶として使うべくメイソンジャーを1つだけ手に入れました。 どんな花も気取らず飾れます。 // // 真ん中を取り外せるフタの部分が、普通の空き瓶とは違う趣きを出していて気に入っています。 花を…

一人で家にいる時も割りと「キチンとした格好ができた」ワケ

一人で家にいる時も、キチンとした格好でいたい。憧れはあっても、なかなか実現できずダラダラとパジャマの延長のような姿で過ごしてしまうことがありました。 宅配便の応対をした後にいつも自己嫌悪。 それをキチンとさせるには3つのポイントがありました。…

過去の「ほぼ日手帳」を処分しようと決めた時のこと

数年間、ほぼ日手帳を気に入って使っていた時期がありました。 スケージュール管理に加え、夢や目標に対する意気込み、悩み、愚痴…書き込むことで想いを消化するようにびっしり書きとめていました。 現在では、スケージュールはグーグルカレンダー、メモ等は…

パスタ保存キャップ

いわゆる「便利なキッチン道具」は、キリがないのでなるべく持たないようにしていますが、かさばるパスタ容器を持たないようにするために、このパスタ保存キャップは、吟味し手に入れることにしました。 // // 袋のみで保存していた時よりも断然使い勝手がよ…

ネイビーのタオルにしてよかったこと

先日の記事でも書きましたが、タオルを全て濃い紺色(ネイビー)に変えました。自分の好きな色なのでネイビーにしたのですが、予想外によかったことがあったのでご紹介します。 // // 洋服と一緒に洗濯しても糸くずが目立ちません。以前白いタオルを使っていた…

波刃ペティナイフ

知人宅で使わせてもらって感動し、それ以来我が家では万能包丁の代わりに活躍しているペティナイフです。 利点は ・驚くほど安価。 ・軽い。 ・切れ味が抜群。肉でも果物でもスイスイ切れてしまいます。 ・洗った後の拭きやすさ、片付けやすさ。 ・波刃にな…

「もったいない」は呪いの言葉?!

ある書籍を読んでいてドキリとした言葉。 「もったいないは呪い言葉」 「もったいない」と思った時に心に渦巻くモヤモヤを一言で言い表す絶妙な表現と感心いたしました。 本当は捨てたいけど、罪悪感がある。うーむ。…という時に出てくる言葉、「もったいな…

モリカゲシャツのワンピース

モリカゲシャツとは京都に本店を置くシャツメーカーです。 他には曜日限定で開く鎌倉店とオンラインショップでしか購入できません。 ほぼ日のインタビュー記事で存在は知っており、写真のシャツは長い憧れの果てに手に入れたものです。 黒に近いネイビー(私…

砥部焼の蕎麦猪口

ずっと砥部焼の食器で育ってきたので、この丸みのある口当たりや丈夫さに馴染み深く安心します。 以前はイッタラなど流行りの皿をいくつか買ったこともあったのですが、洋食も和食も違和感なく美味しそうに盛れるのは、やはり和食器、と原点回帰し、必要数の…